refreshsharemore_vert
Shortcake
favorite_border
9
Owned by mmmnnn
visibility1.1K views
Current price
Ξ
0.2
($793.67)
Buy Now
timelinePrice Historyexpand_more
local_offerListingsexpand_more
From
Price
Expiration
tocOffersexpand_less
From
Price
Expiration
Make Offer
subjectDetailsexpand_less
Created by TemmaMatsunaga

この作品はバンド「アーバンギャルド」のヴォーカル、コンセプター、リーダーとして活動する音楽家であり、作家、俳優としても活躍し、自作詩を朗読して勝敗を決める「詩のボクシング」の世界チャンピオンタイトル保持者でもある、アーティスト松永天馬による初の詩のNFTです。 松永氏が書き下ろしたこの作品「Shortcake」は、NFTを入手した方だけが読むことができ、さらに入手した人によって内容の変化する作品となっております。

このNFT自体は二次流通ができますが、この詩は所有者のためだけに書かれた、複製のできない、世界に一篇だけの詩です。 なおNFTの購入により、購入者は作品の所有権を取得しますが、その内容をテキストコピーやスクリーンショットを行い第三者に提供すること、商用目的で利用することは禁止されます。ただしNFTの所持者は、その内容を口伝すること、音声にして公開することは許諾されています。 なおこの作品は日本語と英語で表記されており、日本に限らず世界中の方にお楽しみいただけるようになっています。 (翻訳:Haruka Aoki)

<NFT所有者の作品へのアクセス方法> 下記URLよりNFTを所有しているウォレットにてMetamaskログインをお願いいたします。 https://artnft.herokuapp.com/temma_matsunaga

<作家プロフィール> 松永天馬 Temma Matsunaga

1982年8月12日、東京生まれ。 音楽家・作家・俳優。

2011年、バンド・アーバンギャルドのヴォーカル、コンセプターにしてリーダーとしてメジャーデビュー。最新作『アバンデミック』(2020)を始め、これまでに10枚以上のスタジオアルバムを発表。多くの歌詞を担当し、ポップかつ実験的、独特な言語世界を構築。

2015年、早川書房より『自撮者たち』を発表し作家活動を開始。

2017年、よりディープな詩世界に踏み込んだキャリア初のソロアルバム『松永天馬』をリリース。バンドと並行してソロ活動を本格化。

2018年、初の長編映画『松永天馬殺人事件』を監督・脚本・音楽・主演。新人映画の登竜門「MOOSICLAB2018」にてミュージシャン賞、男優賞のほか、余りにも規格外な内容であることから急遽新設された「松永天馬賞」を受賞後、劇場公開。

2019年、タワーレコード内にプライベートレーベル「TEN RECORDS」発足。第一弾としてセカンドソロアルバム「生欲」リリース。

自作詩を朗読して勝敗を決める「詩のボクシング」の世界チャンピオンタイトル保持者でもあり、ジャンルを越境して多岐にわたって活動する全身表現者。また俳優としてもNHK Eテレ『Let’s 天才てれびくん』(2015-2017)TBSテレビ『リコカツ』(2021)などにレギュラー出演

twitter(本人) https://twitter.com/urbangarde

Instagram https://www.instagram.com/urbangarde/

<About NFT> This work is the first poetry NFT by Tenma Matsunaga. Tenma Matsunaga is a musician who works as a vocalist, composer, and leader of the band “Urbangarde”, and is also active as a writer and actor. He is also the world champion title holder of “Poetry Boxing”, where he reads his poems and competes with the participants.

This work “Shortcake” written by Mr. Matsunaga can only be read by those who have got the NFT, and the content will change depending on the person who did it.

This NFT itself can be secondarily distributed, but since this poem is written only for the owner, it cannot be duplicated and is the only poem in the world.

By purchasing NFT, the purchaser acquires the ownership of the work, but it is prohibited to make a text copy or screenshot of the content for providing it to a third party or using it for commercial purposes.

However, NFT holders are allowed to tell someone about the content and publish a recording of it.

This work is written in Japanese and English, and can be enjoyed not only in Japan but also by people all over the world. (translator:Haruka Aoki)

< How to access the works of NFT owners>

Please log in to Metamask from the URL below using the wallet that owns the NFT.

https://artnft.herokuapp.com/temma_matsunaga <profile>

Temma Matsunaga

Born August 12, 1982 in Tokyo.

Musician / writer / actor.

In 2011, he made his major debut as a vocalist, composer and leader of his band 『Urbangarde』. He has released more than 10 studio albums so far, including his latest work 『Avandemic』(2020). He is in charge of many lyrics and makes a pop, experimental and unique linguistic world.

In 2015, he released 『Zidorisyatachi』 from Hayakawa Publishing Corporation and started his career as a writer.

In 2017, he released his first solo album 『Matsunaga Tenma』, which went into the deeper poetry world. He started his solo activities in parallel with the band.

In 2018 , he not only directed his first feature film, 『Matsunaga Tenma Satsuzin Ziken』 , but also make the script and music and starred in the film as a principle actor. In addition to the Musician Award and Actor Award at the newcomer movie’s gateway 「MOOSIC LAB 2018」, it was released in theaters after receiving the newly established 「Matsunaga Tenma Prize」 because the content is too incredible.

In 2019, the private label 「TEN RECORDS」 was launched in Tower Records. The second solo album 『Seiyoku』 was released.

He is also the world champion title holder of 「Poetry Boxing」, which elect a victor according to reading own poems , and is active in various genres. He also appeared regularly on NHK E-tele 「Let’s Tensai TV kun」 (2015-2017) and TBS TV 「Rikokatsu」(2021)."

vertical_splitAbout NENFTexpand_more

<作品について> この作品はバンド「アーバンギャルド」のヴォーカル、コンセプター、リーダーとして活動する音楽家であり、作家、俳優としても活躍し、自作詩を朗読して勝敗を決める「詩のボクシング」の世界チャンピオンタイトル保持者でもある、アーティスト松永天馬による初の詩のNFTです。

松永氏が書き下ろしたこの作品「Shortcake」は、NFTを入手した方だけが読むことができ、さらに入手した人によって内容の変化する作品となっております。

このNFT自体は二次流通ができますが、この詩は所有者のためだけに書かれた、複製のできない、世界に一篇だけの詩です。

なおNFTの購入により、購入者は作品の所有権を取得しますが、その内容をテキストコピーやスクリーンショットを行い第三者に提供すること、商用目的で利用することは禁止されます。ただしNFTの所持者は、その内容を口伝すること、音声にして公開することは許諾されています。

なおこの作品は日本語と英語で表記されており、日本に限らず世界中の方にお楽しみいただけるようになっています。

(翻訳:Haruka Aoki)

<作家プロフィール> 松永天馬 Temma Matsunaga

1982年8月12日、東京生まれ。 音楽家・作家・俳優。

2011年、バンド・アーバンギャルドのヴォーカル、コンセプターにしてリーダーとしてメジャーデビュー。最新作『アバンデミック』(2020)を始め、これまでに10枚以上のスタジオアルバムを発表。多くの歌詞を担当し、ポップかつ実験的、独特な言語世界を構築。

2015年、早川書房より『自撮者たち』を発表し作家活動を開始。

2017年、よりディープな詩世界に踏み込んだキャリア初のソロアルバム『松永天馬』をリリース。バンドと並行してソロ活動を本格化。

2018年、初の長編映画『松永天馬殺人事件』を監督・脚本・音楽・主演。新人映画の登竜門「MOOSICLAB2018」にてミュージシャン賞、男優賞のほか、余りにも規格外な内容であることから急遽新設された「松永天馬賞」を受賞後、劇場公開。

2019年、タワーレコード内にプライベートレーベル「TEN RECORDS」発足。第一弾としてセカンドソロアルバム「生欲」リリース。

自作詩を朗読して勝敗を決める「詩のボクシング」の世界チャンピオンタイトル保持者でも

ballotChain Infoexpand_more
Contract Address
Token ID
Blockchain
Ethereum
swap_vertTrading Historyexpand_less
Event
Price
From
To
Date
view_moduleMore from this collectionexpand_less